産婦人科医会会長挨拶

徳島県産婦人科医会のホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。
徳島県産婦人科医会は、全国の産婦人科医の集まりである日本産婦人科医会の地方部会として、徳島県内で働いている産婦人科医106名が集う団体です。
医会の目的は「安心と安全を目指した産婦人科医療を推し進め、母子の生命健康の保護と女性の健康の保持・増進に取り組み、国民の保健の向上に寄与すること」です。
この目的に基づいて産婦人科医会は仕事をしています。
主な内容のひとつは、思春期から老年期にわたるすべての女性に、ベストな産婦人科医療を提供すること。
もうひとつは女性の健康を守るため、行政機関と交渉し様々な公費助成の話し合いを行うことです。例えば、(1)新生児聴覚検査の公費助成(平成30年4月以後に産まれた新生児から助成が開始しています)(2)妊婦健診の公費助成(3)産後うつ病の早期発見のための産後2・4週間後健診の公費助成(4)婦人科がん検診、乳がん検診、不妊治療、性犯罪等の公費助成など。すべてにおいて現状以上の助成が受けられるように努力しています。

このホームページでは、助成が受けられる項目について、またそれに加えて現在、徳島県内で行われている最新の治療などについて紹介をしたいと思います。

子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん、子宮がん検診乳がんとその検診不妊症、不妊治療と助成金産科医療保障制度性犯罪被害者支援についておぎゃー献金出生前診断腹腔鏡手術、市民公開講座などです。

産婦人科医会会長 春名 充

PageTop